耳鳴りの主要な原因の一つは『疲労』!?まずはゆっくりと休むことを心掛ける

Pocket
LINEで送る

極度の疲れから耳鳴りを発症したサラリーマン

『耳鳴り』は病気の前触れと勘違いされる方が非常に多いです。耳という頭に近い部分ということもあるのかもしれません。

恐ろしいことに脳梗塞や脳腫瘍がある場合にも、耳鳴りが関係していると言われることがあります。

著名人でも掛かっている人が多く、知名度が高まっているのが、メニエール病や突発性難聴などではないでしょうか。

これも耳鳴りが原因で始まるものが多いです。

スポンサーリンク

疲労が原因で耳鳴りの症状が発生する

だからと言って、「耳鳴りが起きる=病気が起こる」ということばかりではないので注意が必要です。耳鳴りは極度の疲れや、ストレスが引き起こすケースが多いことを知っておきましょう。

残業続き・休日出勤続きで疲れが溜まってくると、ストレスが蓄積され、こんな生活が長期間続くことで、自律神経が乱れる原因になるのです。

自律神経が乱れることで起因する症状として女性であれば、自分の意思とは無関係に生理不順になったり、内分泌が異常、のぼせや振るえが起きることもあります。

疲労が蓄積することによって、このように心も蝕まれていくのです。心の乱れの原因は自律神経の乱れによる様々な症状です。

耳鳴りはその一部分の症状であり、疲労による自律神経の乱れが元になっているケースが多いのです。

生活習慣の見直し

自分の生活習慣を見直すことをしない限り、ストレスや疲労による自律神経の乱れは改善するのに余計に時間が掛かってしまいます。

もっと酷くなるケースもあるため、疲労の蓄積を感じた時(残業で帰りが遅い日・休日出勤が続いたとき)は、いつもよりも早めに帰宅して十分な睡眠を取ったり、コンビニ弁当やファーストフードばかりの食生活であれば、外食を控え普段取れない野菜や果物を中心にした料理を食べるなど、まずはストレスを解消することを優先して考えて下さい。

運動不足からくる体力低下が原因だったりもします。

体力を付ける・適度なストレス発散につながる運動を習慣化するなどして、生活習慣を見直し、規則正しい生活スタイルに変えていきましょう。

スポンサーリンク

ストレス発散の入浴

疲れを取ることと、体を温めることとしてオススメなのが半身浴などでゆっくりと長時間湯船に浸かることです。

長時間湯船に浸かることで、リラックス効果にもつながりストレス解消にもなります。就寝時には好きな香りに包まれることで、快眠につなげることを考えましょう。

アロマなどを使えば一日の疲労感でぐったりした体も、自分の好きな香りに包まれることで快適な眠りにつながります。

日々の生活習慣を見直し、疲れ・ストレスをとる工夫をしてみても、あまり改善の結果が見られない時には、整体院など専門家に相談して疲労を和らげるようにしましょう。

疲労回復のための方法(専門家等)

疲労回復に有効なのはやはり、整体院などで全身マッサージしてもらうか、針をうつのも疲労回復の良い方法です。

回復が遅い場合には、ストレスの原因を専門家に相談するのが一番早い回復につながる方法です。

疲労とストレスは耳鳴りを引き起こす原因として密接な関係にありますので、極力回避する生活を心がけるだけでも、気持ちに余裕がうまれ、ストレスも軽減されていくのです。

まとめ

ストレスを発散のために、趣味やスポーツで心地よい汗をかけば、普段よりも深く良質な睡眠をとることができます。深く眠ることは普段の蓄積された疲労回復につながります。

耳鳴りがある場合は、病気だけが原因ではなく、心因性のストレスの両方を疑ってみることが大事なことです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です