仕事のストレス?それとも自分の性格?耳鳴りになりやすい人の傾向について

Pocket
LINEで送る

神経質な性格のサラリーマン
 
耳鳴り症状にはなりやすい人と、なりにくい人に分かれます。耳鳴りになりやすい人の特徴は
どのようなタイプの人に多いのでしょうか。
 
その人の性格や生活環境を総合的にみながら耳鳴りの起こりやすい人の特性を見ていきます。

スポンサーリンク

耳鳴りになりやすい性格

これは生まれつきの性格もありますし、普段の生活環境が影響することも多いのでトータルで
考える必要がありますが、一言で耳鳴りが起こりやすい性質の人を上げるとすれば「ストレスに弱い」人です。
 
ストレスが耳鳴りを引き起こす可能性はかなり大きなものになっています。ここであげているストレスとは、人間関係のトラブルなどの繰り返しが起こすマイナスの感情を指します。
 
要は、このマイナス感情をうまくコントロール出来ない、もしくは発散することが出来ない人が陥りやすい病気と言えるでしょう。
 
ストレス性のものが大きなウェイトを占めますが、他にどんな性格の人に起き得る症状なのでしょうか。
 

神経質

細かいことが気になる人は、ほんの些細なことが気になり不安な感情が生まれます。それが解決したとしても、別の些細な事を気にして神経をすり減らしてしまいます。
 
この神経質な人は平常心でいることが少なく、常にイライラしているため、その感情がストレスに直結してしまうのです。
 
このイライラが頂点に達し、ストレスが酷くなるにつれて、最終的に耳鳴りという症状として表れてしまうのです。

スポンサーリンク

完璧主義者

完璧主義の人は、すべてが思い通りに運ばないと神経質な人同様にイライラしてしまう傾向があります。
 
良く言えば「責任感が強い真面目な人」と見ることも出来ますが、とにかくプライドが高い人が多く妥協が許せないという側面も持っています。
 
すべての物事を完璧にしようとしてしまい、自分にも他人にも厳しいのが特徴です。
 
ただ、完璧を求めるがゆえ、理想と現実のギャップにいつも苦しむことになるのです。それがやがてストレスとなり、神経質な人と同様の耳鳴発症へと繋がっていきます。
 

ネガティブな人

物事を悲観的に捉える人、ネガティブな感情で支配されている人なども耳鳴り予備軍の中に入ります。
 
悲観的な人は、何かにつけ自分のせいと思いこんだり、自分には解決できない等、とにかく悪い方向に向かってしまい、この不安な感情が負の連鎖を引き起こし、ストレス化→耳鳴り発症という経路を辿ります。
 

パソコンを使用する環境

現代人には仕事もプライベートでも必要なパソコンですが、長時間パソコン作業している人も、発症の危険があります。
 
これは電磁波の影響によるもので、浴び過ぎることで自律神経や甲状腺の働きを乱してしまいます。
 
甲状腺の機能が低下すること甲状腺ホルモンの分泌量が不足し体の各所の働きが鈍くなります。それが結果として耳鳴りが発症しやすくなる原因となるのです。
 
普段から、ストレスを感じやすく生活や仕事柄、電化製品を扱う仕事をしるのであれば注意が必要です。
 

まとめ

耳鳴りになりやすい人の傾向は、普通に仕事をしているときにも感じることに通じるかもしれません。

ストレスを軽減することは現代社会で難しい問題ですが、溜めた都度発散することが大事です。

とはいえ、パソコンなどは現代では無ければ仕事にならないものもあるため、ストレスとうまく付き合うことが、最大の予防につながるでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です