【耳鳴りが原因?】耳の中で音が響く原因は耳の病気だけとは判断出来ない

Pocket
LINEで送る

耳鳴りの原因は過度のストレス?

“聴覚過敏”はどんな病気なのか?

何の以上も感じなかったのに、突然音が以上に大きく聞こえる・地鳴りのように音が響く症状を訴える方がいます。これは聴覚過敏の可能性が高く、耳鳴りを併発して訴える人もいらっしゃいます。

聴覚過敏の原因は中耳や内耳の音バランスを増幅する装置が体内にはあるのですが、これがまったく機能しないことによって症状を引き起こしてしまうか、もしくはまったく異なる脳の働きに異常をきたしている可能性が考えられます。

スポンサーリンク

不快感を誘発する音の種類

この不快感を引き起こす音についてですが、特定の音のみが特にうるさく感じてしまうケースが多く食器がぶつかる音や、金属音にテレビの音などもこれに該当するのです。

聴覚過敏の原因とは

この聴覚過敏の症状を引き起こす原因として耳の病気のときと、また別の理由によって引き起こす可能性が考えられています。

耳の病気が原因の場合、突発性難聴、メニエール病などの内耳性難聴の症状の一つであることもあるようです。

この難聴症状を併発するものが多いのですが、中には原因が分からないものもあるので怖い病気といえるでしょう。耳以外の原因としては、自律神経失調症やうつ病などが原因と考えられています。

聴覚過敏は内耳の部分だけではなく脳の働きに密接に関係している可能性が高い病気と言えます。内耳性難聴は音の大きさの変化に敏感になる、リクルートメント現象を引き起こします。

これは内耳の有毛細胞の障害が原因と考えられる現象ですが、この症状が出る人全てがリクルートメント現象を併発するわけではありません。

聴覚過敏の治療法

メニエール病・突発性難聴については、まず何が原因で引き起こしているかの原因疾患を行い、その原因を特定してから治療を開始いたします。

治療に成功し聴力が改善した後も聴覚過敏の症状が残ってしまうケースがあるそうで、その場合の治療はまだはっきりしてないのが現状なのです。

耳鳴りと同様に聴覚過敏の症状には音響療法やカウンセリングが非常に有効に働く場合もあるそうです。

難聴の症状がなく聴覚過敏の症状が起きた場合にうつ病、自律神経失調症が伴うケースも想像されます。

この場合には抗不安薬やカウンセリングを織り交ぜながら、ストレスを受けにくい環境の中で治療を進めることで早く改善することが理想の治療と言えるでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です