耳鳴りや耳の違和感を感じるときはストレスによる自律神経の乱れが原因

Pocket
LINEで送る

ストレスがかかりすぎてどうにもならなくなった男性

自律神経失調症とはどのような病気でしょうか。最近よく取り上げられる病名ではありますが
実際に症状を理解されている方はすくないのではないでしょうか。

この病気は生命の根源的な部分である自立神経のバランスが乱れることによって起こる病気です。

自律神経が乱れることによって、日常生活の様々な部分に影響を与えてきます。
基本的な呼吸から、食べ物の消化・排泄まで体中のいたるところで不調が出てきます。

スポンサーリンク

交感神経と副交感神経

まあ自立神経のバランスが乱れることで耳鳴りが発生してしまうケースは多いです。
自立神経のバランスというのは、目覚めている状態の時に活動を行う交感神経と、眠りについている時に活動する副交感神経の2種類に分けられます。

この2種類の神経が、何かの拍子にバランスが崩れることによって、普段であれば起きている時しか働かない交感神経が活発に働いてしまう、この逆に眠りについたときに活動を行う副交感神経が、日中に活動することで、体は悲鳴を上げて頭痛・耳鳴り・動悸などの症状として表れてくるのです。

自律神経失調症を伴う耳鳴りの特徴は、初めの段階として「何となく耳に違和感を感じる」というのが発端になります。この症状が進行するにつれ、耳鳴りが頻発する、耳が塞がる、膜が張り出すような違和感を感じるなど、症状の進行に伴い症状も複数表れて来ます。

スポンサーリンク

耳鳴りの原因を特定する

耳の違和感の段階で耳鼻科に診療にいっても、耳鳴りの原因自体を特定することが出来ずに、結果として自律神経失調症と診断されることが多いです。一番の理由は、原因不明の体調不良ということが多いからです。

耳鳴りや目まいの症状が気になる場合には当然耳鼻科の診療を受けることを勧めますし、倦怠感や息切れ動悸などの症状であれば内科にいくのが賢明です。
この段階で、どちらも問題ないと診断されたとすれば、自律神経失調症と見て間違いないでしょう。

まずは軽度の症状か重度のものかを診断してもらいましょう。カウンセリングを受ける必要性を判断するため、軽度の状態であれば、自律神経失調症の調整薬、抗うつ剤などで治療を行い、症状が重たい場合にはカウンセリングも併用して治療を進めていく必要も出てきます。

耳鳴りやめまいの症状が主で、比較的軽度の自律神経失調症なら、自律神経調整薬や抗うつ剤などで投薬治療を
行ったり、カウンセリングなどを受けて心理療法を行うこともあります。

バランスの良い生活を心掛ける

一番大切なことは、日常生活の過ごし方を改善して、十分に体を休めることに注意をむけることです。
栄養バランスの良い食事を取るように心掛ける、早寝・早起きの規則正しい生活に戻すことを一番に考えましょう。極力ストレスを溜めないようにすることが一番早期回復につながるのです。

1日1食などの生活を続けている人は、朝昼晩の3食をきちんと食べるような生活に戻すこと、夜は早く床につくようにし十分な睡眠時間を確保すること。この当たり前のことを継続していくことで、体の体内時計を元の正常な生活リズムに戻し、もう一度、自律神経を調整し直すことが重要なポイントになるのです。

ビタミンBを多く含む食物はレバーや豚肉、にんにくなどの食品に、ストレスの抑制に効果があるとされるのがビタミンCやカリウムを多く含むものになりますので、体調をしっかり戻すためにもこのような食品をきちんと摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です