耳鳴り症状の止め方、日常生活を見直すことから始めることの重要性

Pocket
LINEで送る

自分を見つめ直すために読書する女性

耳鳴りの対処法として有効なのは『呼吸』です。こう言われると意外な感じがしませんか?

なぜ耳鳴りに呼吸が有効なんでしょうか。

スポンサーリンク

体の酸素が欠乏することで何の影響がでるのか?

体の酸素が欠乏することで、体の大切な筋肉や神経を衰弱化させることにつながり、その状態が慢性化することで、病気に発達してしまうことが多いのです。

これは全く関係がなさそうな耳鳴りや眩暈、難聴にも少なからず影響を及ぼすわけです。

一見、普段の生活で空気なんて欠乏してしまう状況にいないから私には関係ない、なんて考える人も多いのですが、これは空気中の酸素が足りないから起こる症状では無いのです。

受ける側、酸素を吸う身体に問題があるため酸欠状態に似た状況を作ってしまう。

どういうことかと言いますと、空気中にある酸素をいくら持ってきたところで、本人の体に吸収する能力がないと正常に体に行き渡らないんです。

なぜ酸欠状態になるのか?

現代病と言えるかもしれませんが、現在の日常生活において毎日が時間と戦っているようなところがあります。

朝の通勤ラッシュを思い出してもらえば理解が早いと思いますが、毎朝ギリギリで電車に飛び乗り、社内混雑率は150%を超え、目的の駅についても歩幅を緩めることなく目的地までひたすら急いで行くことが当たり前です。

この焦る気持ちというのはカラダを蝕んでいきます。

特に耳鳴りなどの症状には、まったく良くない状況なんです。呼吸が乱れることで、肺へ十分な酸素が運ばれなくなります。

いつも体は無意識的な緊張状態を引き起こし、イライラとなって心も落ち着かない状態に。
まさに血管収縮を引き起こす格好の材料になってしまうんですね。

そんな生活が続くことで、血液・筋肉・神経と様々な場所に害を及ぼしてきます。
この状態が続けば、いくら周りの環境を変えても本人がそのままなので症状が良くなりません。

スポンサーリンク

運動の重要性

現代病であるストレスのイライラによって空気中の酸素を、本人がきちんと吸収出来なくなり
「能力低下」という症状を引き起こしているんだと感じます。

時間がないからといって、せめてウォーキングなどの身近で手軽な運動から初めてみるのが
耳鳴り治療の中でも良い方法になるのです。

適度な運動はストレス解消にもなるため、ゆとりのない現代の日常生活の中では重要な部分です。自分自身の心身をこれ以上、追い込むことなく日常生活を見直してみませんか?

簡単なウォーキングや水泳などを毎日の生活に積極的に取り入れていきましょう。
そういった運動を通して、まずはゆっくりと深呼吸する習慣を取り入れていきましょう。

耳鳴りの対処法としてだけではなく、呼吸するだけで人間は、心と体の緊張を和らげる効果があり日々の悪循環の解放には良い取っかかりとなる場合も多いのです。

深呼吸するときは、ただ吸うのだけではなく常に「イメージ」を大切にしてください。
たくさん吸った酸素が肺に行き、体中の至る所に行き渡っているイメージを湧かせましょう。

薬や健康食品に頼ることを徐々に減らして行きましょう。薬を飲んでるだけでは体に有効な効果は望めません。

まとめ

自律神経が乱れることで、自然と呼吸が浅くなり肉体の酸素欠乏に陥ってしまうことが多いです。これは耳鳴りを引き起こす要因でもあります。

毎日の生活をスローに、そしてイライラすることなく冷静にイメージを高めることを意識して深呼吸をしましょう。

新鮮な酸素を身体の隅々に運ぶことを思い描きながら、深呼吸することで多くの眠った細胞を活性化させることに繋がるのです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です