耳鳴りは病気だけじゃない!!左右の耳鳴りからジンクスを見分ける

Pocket
LINEで送る

耳鳴りのジンクス

耳鳴りが一時的な症状だと思っても、様々な病気の前触れである可能性が高いことは何度もお伝えしています。

これは症状が人それぞれ違うことが多いため、耳鳴りの原因が、耳とは直接関係ないと思われる体の別の場所が発端になることが多いからです。

症状がそれぞれ違うことと同じくらいに、音の種類も様々です。ガーガーという騒音のような音もあればピーっという超音波のような音色のとき、お寺にある鐘の音のようなボーンという音など、聞こえ方もそれぞれ異なってくるのが特徴です。

この音色の違いにこだわることなく、耳鳴りが継続的に続くようであれば、耳鼻科か専門医の診察を受けて、早期段階で症状の特定をすることが重要です。

耳鼻科などで病気が発見されなかった場合には、一時的な耳鳴りと判断出来ます。この耳鳴りには様々なジンクスを持ていることをあなたは知っているでしょうか。

スポンサーリンク

耳鳴りのジンクス

左耳

一時的な左耳の耳鳴り症状は、あなたの悪口を言っている人がいることを知らせてくれているようです。

その悪口を言っている人を特定したい場合には、家族・友人・知人の名前を順番に読み上げていくと、音が止まる瞬間に名前を読み上げた人が、相手である可能性が高いそうです。

他には来客が来る知らせがあるのも有名な話です。左耳は遠方からの客人を表しているそうです。

右耳

左耳とは対照的に、右耳はあなたのことを褒めている人がことを示す前触れを言われています。
右耳に耳鳴りを感じたら、病気や体の不調を考えるのと併せて、あなたを褒めている人がいると考えて下さい。少しだけ気持ちが楽になりませんか?

左耳と同様に、来客があることの前触れとして身近な人が来ることを知らせてくれているようです。

スポンサーリンク

幽霊が近くにいることを知らせている

これは霊感の有無に関係なく、誰にでも表れうる現象と言われています。自分の近くに幽霊がいることを知らせてくれているという信じ難い現象のことです。

耳鳴りを聞いたのと同時に、寒気を感じるような少し怖い感覚に襲われたときに周りを見回しましょう。

この時に耳鳴りが止まる瞬間があれば、そのときあなたは、幽霊と目を合わせた瞬間ということになります。

「そんなのウソに決まってる」という人が大半だと思いますが、この体験をした人は非常に多く、非科学的要素が強いですが、すべてを否定することも出来ません。

人によっては、大きなノイズ音がした後に幽体離脱を経験した人も少なくないようです。

無駄遣い、ケンカの予兆

他には、大きく散財してしまう前触れとして、また論争などに巻き込まれそうな時にも耳鳴り症状という形で知らせてくれることが多いようです。

まとめ

これらの現象は、いずれも時間帯によって起こる内容が変わってくる人もいるようなので、耳鳴りを感じた時間、左耳なのか右耳なのかを覚えておくと、何のジンクスの前触れかが想像出来るでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です