耳が聞こえない人の生活はどのようなものなのか?

Pocket
LINEで送る

耳に違和感を感じる女性社員

今回の内容は番外編のようなものになりますが、耳が聞こえない人について触れていきたいと思います。

耳鳴りの悪化で聴力を失ってしまう人も少なからずいるのが現実です。

耳の聞こえない人とコミュニケーションを取るとき、普段の生活で注意すべきポイントを上げていきましょう。

 

スポンサーリンク

聴覚障害

程度は様々ですが、一般的に全く聞こえない人もいれば、僅かの音であれば聞き取れるという人もいます。

うまれつきの人もいればケガによって聴力を失ってしまう人、耳鳴りもそうですが、病気が悪化したことの副作用で耳が聞こえなくなる人等、環境は様々です。

加齢によって聴力が減退することの他には、上記のような要因で聞こえなくなる人がいるのが現実です。

日常生活で聞こえないとはどんな状態?

見た目で判断出来ないのが聴覚障害を持ってる人の辛いところです。誰かに呼び止められても気づくことが出来ないのです。

呼び止めた相手としては、聞こえてなかったと受け止める人は良い方で、わざと無視したなんて受け取られるのは勘違いとはいえ、堪らないものがあるでしょう。

小鳥のさえずりや、家族の声を感知することが出来ない、車が近づく音も聞こえない。

普段の生活音が無い状況自体が私達には想像も出来ないことだと容易に理解出来ると思います。

 

スポンサーリンク

意思疎通の取り方

相手の要求を理解することは、比較的聞き取ることが出来たとしても、自分の意思を伝える手段に悩むことが多いのでは無いでしょうか。

すべての人に手話が必要というわけではなく音の聞こえない程度によって、意思疎通の取り方は異なるわけです。

相手の状況に合わせてコミュニケーションを取る方法を考えなければいけません。

聴覚障害者との意思疎通の取り方

コミュニケーションを取る方法として、手話が全てではないことを理解しましょう。

相手の聞こえない状態が、どの程度なのか?

また相手の真正面から、ハッキリとした言葉で口を大きく開けて伝えるようにすると、相手もこちらの意図を汲み取り易いです。

筆談という手もありますね。

道を歩いているときも、車道側にあなたがいるようにフォローをしましょう。

まとめ

耳が聞こえないという状態は、危険を感知するのが遅れてしまうことに繋がります。

天災が起きて直ぐに避難しなければいけない時に、状況把握が直ぐに出来ないことが多く、出遅れてしまう可能性が高いです。

周りの人が普段から気遣い、自分には何が出来るのかを考えることから初めてみましょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です