耳キーンの原因は何が多いのか?4つの原因と対処法

Pocket
LINEで送る

耳キーンに悩む女性

突然『キーン』という音が聞こえてくる。耳鳴り症状の中でも、音に関するものは多種多様にあるのです。

今回は『キーン』という耳鳴りの原因が何で起こっているのか?

その耳キーン状態をどうしたら、解消することが出来るのかを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

色んな耳鳴り

原因を特定することが難しい耳鳴り症状、耳鳴りというのは何か音がしていないのに何かの音が聞こえる症状を言います。

今回で言えば、耳キーン状態、音色は他にも複数あります。

ほとんどの耳鳴りは一過性のものなので、症状自体はすぐに治まりますしあまり心配の必要もありません。

『耳キーン』高い音の耳鳴り

この『キーン』という耳キーン状態で聞こえる高音については、高い周波数帯の音が聞こえます。

高音の『キーン』音に見られる耳鳴り症状としては、加齢が基で起きる老人性難聴が一番多い症状になります。

誰でも年は取りますので、当然体にがたが来ることで難聴症状になることは、致し方ない部分ではありますが、若い人にも同様の傾向が見られることが多くなりました。

ストレスや、体の歪み(頭蓋骨・顎)、疲労の蓄積から耳鳴り症状を発症してしまうのです。

突発性難聴

読んで字のごとく、突然耳鳴りが起こる症状です。

突然『キーン』という高音とともに耳鳴り症状が発生するケースです。

耳の閉塞感や周りの音が聞こえにくいという症状を招くとともに、『ポ-ン』水の中にいるような感覚に襲われる症状が強いです。

 

スポンサーリンク

ストレス性耳鳴り

精神性のストレスによる自律神経系の不調や、動悸・息切れ・呼吸困難などを引き起こしてしまう症状です。

頭痛、耳鳴り、不眠やめまいが慢性的に起こることが多く、生活習慣を見直さないと早期回復が難しい病状です。

風邪が原因?

風邪を引いた時に『キーン』という音が聞こえることはないですか?

特に高熱状態の時に見られる人が多いです。

風邪を引く事で免疫が弱くなり、そんなときに並行して耳の中にウィルス・細菌が入ってしまった場合、炎症を起こすことが良くあります。

この炎症が基で、急性中耳炎の症状を起こし耳鳴りが発生することがあるのです。

脳腫瘍の可能性

かなり確率は低いかもしれませんが、脳の腫瘍が影響して耳鳴りを引き起こすこともあります。

上記に挙げた症状と同様に、めまい・頭痛・聞こえにくいといったことは同様に起こります。

耳キーン状態の対処法

原因の特定

風邪や疲れが原因のものであれば、その病気を治すかゆっくり休むことで自然と回復します。

耳鳴り症状が長期化してストレスを感じる場合などは、症状を和らげる薬を処方してもらいましょう。

ツボ押し

耳のすぐ横にある3つのツボを刺激することで、耳鳴りを抑えることが出来ます。

耳門・聴宮・聴会というツボを押すことで疲労回復が見込めます。

まとめ

嫌な耳キーン状態の原因と対処法についてご案内してきました。

耳鳴り症状は、気付いたら症状が治っていたということが多いですが、長期化するものも少なくありません。

何が原因で起きているのか、その特定出来た原因に合わせた対処法を行いましょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です