耳鳴りの治療薬で有名なもの

Pocket
LINEで送る

耳鳴りに利く薬

不快感しか起きない耳鳴り症状を治す方法は、原因を特定する必要があるため、現代の時間が無い人間には治らない症状としても有名です。

大した症状ではない、時間が無いから病院に行けない。

理由は色々とあるでしょう。

現代の医学の進歩もあってか、耳鳴りの最近の傾向として治療薬を使って回復させることも出来るようです。

この耳鳴りの治療薬には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

耳鳴りの治療薬

具体的に耳鳴り症状を軽減する医薬品とは、どのようなものがあるのでしょうか。

アデホス

血行不良が耳鳴りを引き起こすことは、過去に何度も紹介させていただきました。

アデホスは血管を拡張させることにより脳への血液循環や、代謝を促す働きをする薬となります。

この血行改善が内耳の働きに影響し、耳鳴りが治まる・改善する。

血行不良が原因と特定出来た場合に、特に有効な治療薬となるでしょう。

ビタミンB12

ビタミンが不足することによっても、耳鳴りが引き起こされることは多く、この場合にはビタミン剤の投与で回復することが多いです。

末梢神経系にはビタミンB12を使い、血行促進を主に行い血流量を増やすことで耳鳴り症状を抑える働きをするのが、ビタミンEということになります。

ビタミンB12の他の医薬品として、良く知られているものはメチコバールなどもそれにあたります。

 

スポンサーリンク

ストミンA

ストミンAは、耳鳴り治療を目的として開発された薬です。高価としては中枢神経系に障害が起こることによる耳鳴り症状に効果があります。

耳鼻科に診察に行った際に、医師によくもらう薬と言えばストミンというくらい処方される治療薬と言えるでしょう。

あなたが気にするのは、治療薬の副作用についてではないでしょうか。

耳鳴り症状を和らげる治療薬の中に、副作用がある薬はほとんどありません。一点、あるとすれば、副作用ではなく胃の不快感や発疹が多く上げられます。

その他治療薬

耳鳴りと眩暈を同時に発祥するケースも良く起こりますが、この場合には上記の薬に眩暈に効果のある薬を同時に処方してくれます。

これが眩暈が症状ではなく、不眠が原因だったときは睡眠導入剤を使用することもあるのです。

漢方薬

この他の治療薬は東洋医学の漢方薬になるでしょう。漢方薬は、ある種オーダーメイドでその人に合わせたものを作ってくれるところもあります。

有効な治療薬は症状や原因によってマチマチです。漢方薬でダメなケースもあるでしょうし、西洋医学の方が症状が軽くなったという人もいるでしょう。

まとめ

原因の特定が出来ない耳鳴り症状を発症した場合、治療自体が困難なため、専門医に相談しながら、適切な選択を行えるように準備しましょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です