耳の詰まり感を解消するためには心の余裕を持つことが大切

Pocket
LINEで送る

耳に違和感を感じる外国人女性

http://mamari.jp/item/

突然耳の奥が詰まった感覚を感じたことはないでしょうか。

耳鼻科に行ってみると、この耳が詰まった感覚は耳奥の内耳という部分にリンパが溜まって起こる症状だと聞いたことがあります。

でも、それはたくさんの原因の中の一つでしか無いのです。
耳の閉塞感を感じる本当の原因と、その解消方法について紹介させていただきます。
 

スポンサーリンク

前兆症状

最初に感じる耳の閉塞感について、ほとんどの方は耳鳴りを疑うのでは無いでしょうか。

耳鼻科に行く理由も、ほとんどがこの耳の閉塞感が耳鳴り症状と似ているからだと思います。

この耳の閉塞感を表現すると、プールで耳中に水が入った感覚と同じ、気圧の変化のように圧迫感を感じて少し痛みもある、といった症状が多いです。

この症状が発症した直ぐ後に、目眩や耳鳴り症状が起こることが多いと言われています。

では、耳鳴りや目眩が起こる時には、必ず耳詰まりや、耳の中のこもった感覚が起きるかというとそんなことはありません

耳鳴りや、篭った感覚がなく耳詰まりが継続するケースも多いのです。

長い人では1~2年間この症状が続く人もいるくらいで、長期化するケースも見受けられるのです。

耳詰まりの原因

原因を特定するために耳鼻科に通ったとしても、耳管狭窄症や突発性難聴と診断されることが多いでしょう。

確実に改善される見込みがないまま、薬を処方されて終わってしまうことが殆どだと思います。

もし、症状が慢性的に長引く場合には、原因として細胞自体が緊張状態なのかもしれません。

細胞が緊張状態にあることで、細胞間の伝達がスムーズにいかなくなり、その鈍さが耳の詰まった感覚として現れるのです。

この耳の閉塞感が強い圧迫感や痛みとなって表れるのが原因と考えられるでしょう。
 

スポンサーリンク

焦らない

耳詰まりを解消したいと考えた場合、直ぐに解消させようとしないことが重要です。目線を少しズラして頑張りすぎないように心掛ける気持ちの余裕が大切です。

治療法として、機械を使って一次的に解消させる方法は存在します。

その方法とは、耳と鼻穴に空気を通すやり方です。この方法を試したところで完全に治癒するかというと可能性は低いかもしれません。

機械的に空気を通す方法は、細胞自体に過度にプレッシャーをかけるのと同じです。結果としてより緊張感を与えてしまい、酷い場合は症状が慢性化することも考えられるのです。

原理としては、マッサージと同じで揉んでもらった直後は症状が軽くはなりますが本質的な解消をしているわけでは無いため継続して通い続ける必要が出てくるのと同様なのです。

ここで必要な事は、耳が詰まった感覚を病気と捉えるのではなく、環境の変化と捉えて気持ちを後ろ向きにしないようにしましょう。

原因は疲れやストレスだけでなく、すいみ不足やホルモンバランスの崩れなど、様々な要因が考えられるためです。

いつもの状態とは異なる環境になることに不安を感じるのは、当たり前で当然起こる感情です。

それが、耳という部位に起こることが、あまり馴染みが無い分より不安を感じるのかもしれません。

原因は耳以外にあることが多いので、その根本原因を改善することを優先させて下さい。

まとめ

耳詰まりの症状が起きた場合には、焦ることなく他に併発している症状が無いかを確認しましょう。

場合によっては平常時には起きないのに、特定の条件で発症するケースがあるからです。風邪一つ取ってみても、体へ掛かるストレスは相当なものです。

これが妊娠中等の過度に不安定な状態の時には、注意が必要になります。

変化に対応するために、身体には知らない内に過度のストレスが掛かっている場合があります。

身体の変化に応じて、耳詰まりの症状が起こる場合には、一次的なものの可能性が高いため、無理矢理にでも治そうと焦ってはいけません。

焦ることが、身体に新しいストレスとなって現れ余計に回復が遅れる原因となるからです。

神経質に症状が治らないことにイライラするのではなく、身体のバランスが崩れている時期と考え、気持ちを症状に向けないように心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です