耳抜きで治らない耳鳴り症状は病気の可能性が高い!

Pocket
LINEで送る

飛行機の中

耳抜きというのをご存知でしょうか。

よく見聞きするけど、具体的にどのようなものかわからないという方もいるでしょう。ダイビング、あるいは飛行機に乗った時などに、耳が詰まるような違和感を感じることがあります。

これは水圧や気圧の変化によるもので、しばしば痛みを伴うこともあります。そのような時に鼻をつまんで口を閉じ、鼻から空気を吐き出すようにすることで、耳に空気が送られ、違和感が解消されます。

これを耳抜きといいます。

 

スポンサーリンク

耳抜きをしても違和感が解消しない

しかし病気で耳閉感が感じられるような場合は、無理に耳抜きをするのは大変危険であったり、もし実際にしても治らないこともあります。

そのような時は無理に耳を抜こうとせず、早めに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

耳に違和感を覚える病気としては中耳炎、耳管狭窄症や耳管開放症、あるいは風邪で鼻づまりがある時などです。

特に子供の場合は、風邪がなかなか治らないなどで鼻水や鼻づまりが長引くと、ウイルスが鼻の方に行き、中耳炎を起こしやすくなります。

また耳管狭窄症や耳管開放症も、風邪が原因で起こることがありますので、風邪を引いた後に耳が痛くなった場合は、とにかく無理に耳抜きをするのは避けて、医者にかかるようにしましょう。

中耳炎の症状

中耳炎の症状としては、発熱、耳閉感や耳の痛みがあげられます。元々中耳に炎症が起きる病気ですので、その炎症によって膿が出て、耳だれとなることもあります。

痛むので耳抜きをしたくなりますが、それによってかえって痛みがひどくなる可能性があります。また耳管狭窄症や耳管開放症は耳閉感が強くなりますが、この時に耳抜きをしても症状はあまり改善されません。

 

スポンサーリンク

中耳炎以外の病気

もちろんそれ以外にも、耳に痛みを感じる病気はたくさんあります。

ちょっと意外な話ですが、神経痛や帯状疱疹などで耳が痛くなることもありますし、急性咽頭炎、いわゆるのどかぜや扁桃炎、そしておたふくかぜなどでも耳が痛むことがよくあります。

特におたふくかぜの場合は、耳たぶをはさむように位置している、耳下腺と呼ばれる組織が腫れてしまうため、耳の周囲がかなり痛むようになります。

まとめ

このような時には、耳抜きをしても治らないわけですから、きちんと耳鼻咽喉科に行って診察を受け、薬を処方してもらうようにしましょう。

また耳管狭窄症は、耳掃除の際に耳かきなどで傷をつけた場合に起こることもあります。それから耳管開放症は、ストレスが原因となって起こることもありますので、そのような点にも留意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です