【注意!】耳掃除のし過ぎ?赤い耳垢が出た時の原因と対処法

Pocket
LINEで送る

耳掃除をしている様子

http://p-kachi.com/

耳掃除をすることで耳垢を綺麗に除去出来るというメリットがあるため、子供から大人まで自分で掃除をすることが多いです。

しかし逆に耳掃除を必要以上に行ってしまうことによって、赤い耳垢が出てしまうことがあります。

 

スポンサーリンク

耳垢が赤くなる原因

原因について説明をしていくと、必要以上に耳掃除をしたことにより耳の中を傷つけてしまったことが理由となります。

通常は耳垢は茶色か黄色であることが多くなっており、これによって病気の有無を判別することが出来ます。

しかし赤い色になっている場合の理由として、耳の中で軽い出血が起きてしまっていることが関係しています。

耳かきによって耳の鼓膜などを傷つけてしまった時に、色が茶色や黄色から赤い色に変色してしまうことがあります。

耳掃除のし過ぎが起こす危険性

基本的に耳掃除は数ヶ月に1回行えば十分となっているので、掃除のしすぎは耳に対して逆効果となってしまいます。

確かに耳掃除は気持ちの良い内容となりますが、必要以上に行うと耳を傷つけてしまうことにつながります。

それによって出血といった点だけでなく、聴力低下や難聴といった症状を発症させてしまうこともあります。

ですので自宅での耳掃除の回数を制限することによって、こういったリスクを回避させることが出来ます。

 

スポンサーリンク

対処法

一般的に赤い耳垢が出てしまう原因として耳掃除のしすぎであり、耳の奥の鼓膜などが傷ついて出血を起こしている状態となります。

そこでこういった症状が出た時の対処法についてですが、自己判断はしないですぐに病院で治療を受けた方が良いです。

診療科については耳鼻科が専門分野となっており、耳の症状や病気についての治療を行っていることが特徴となります。

治療費他注意点

保険適用内で治療を受けることが出来るため、治療費についても1回の通院で数千円前後となっています。

薬代含めて数千円前後となっているので、非常に安く診察や治療を受けることが出来るのがポイントです。

また美容クリニックのように保険適用外ではないため、通院する時には保険証を診察券と一緒に持参する必要があります。

まとめ

耳鼻科では耳掃除専用の医療機器が充実しており、耳かき以上に安全かつ確実に耳垢を掃除することが出来ます。

さらに耳掃除という目的で受診することも可能なので、赤い耳垢が出ていない場合でも利用することが出来るのもポイントです。

内科と同様にクリニック数が豊富にあることも特徴であり、駅周辺に1つ以上開業されているケースが多いです。

来院する時には予約も必要無いため、急に耳の調子が悪くなった時でも気軽に通院することが出来ます。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です