耳垢が湿ってる人はワキガ?その湿った状態を治すことは出来るのか?!

Pocket
LINEで送る

ワキガっぽい男性

耳垢が湿ってる人もいればそうでない人もいます。アポクリン汗腺が耳の中に多いと湿ってどろどろと粘り気のある状態になりやすく、これは生まれつき決まっているものでもあります。

アポクリン汗腺から出た汗は独特な強い臭いを放ちやすくワキガなどの体臭の原因にもなっています。

したがって、ワキガの臭いを生じやすいワキガ体質の人は耳垢も湿ってることが多いということが言えるのです。

一方乾いた耳垢の人はアポクリン汗腺が少ない体質であるため体臭も少なめです。アジア人では少ないのですが欧米人には多い割合で存在しており遺伝の影響も受けやすいと言われています。

 

スポンサーリンク

アポクリン汗腺との付き合い方

年齢によってアポクリン汗腺の活動は変化していきます。子供の頃はあまり活発ではありませんが成長期を経て活動は活発になってきます。

アポクリン汗腺が元々多い場合、若くて活動的な時期を境に耳垢は湿りやすい状態となっていくのです。

生まれつきの体質なのですぐに治療すべき病気という訳ではないので、治す必要はありませんがイヤホンなどがすぐ汚れてしまったり、耳垢が湿っていることですぐに抜け落ちてしまうといったような湿り気が気になる場合は、適切にケアをして気持ち良く過ごせるような工夫をしましょう。

耳垢掃除のし過ぎは注意

耳垢が気になるあまり常に綿棒などで掃除をすることは避けた方が良いでしょう。耳の中は目で見えないのでつい力を入れて強く擦ってしまうこともあります。

赤く腫れていても気がつかずに負担をかけてしまうこともあるので、特に意識をして優しく扱うように心がけたいものです。

耳垢が湿ってる状態を治すことは難しいのですが、耳の中の環境を整えることはできます。耳掃除の頻度が多くなりがちな方は、優しい力でもしっかり汚れを落とせるようなローションなどの便利なグッズを使うと良いでしょう。

耳掃除で傷をつけてしまうと炎症を起こして中耳炎や外耳炎になってしまうこともあります。中耳炎や外耳炎になると耳鼻科で治療を受けないと聴力にも影響を及ぼしますし、かゆみや痛みも辛いものがあります。

耳かきのような硬い掃除グッズは特に注意が必要です。粘り気が強いと耳かきではきれいに掃除しきれないことも多く、取り残しが気になっていつも耳の中を触ってしまうことにも繋がります。

手短にさっと落とすことを心がけ耳の中を健やかに保ちましょう。また湿ってることでイヤホンなどの接触でかぶれやすい状態にもなっているので、時々優しく耳の周りやイヤホンの湿り気を拭いてあげると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です