耳が詰まった感じがしたときの注意点と治し方について

Pocket
LINEで送る

耳が詰まった痛みに耐える男性

耳が詰まった感じがすることは誰にでもあることで、何らかの病気によって起こることもあれば精神的なストレスや一種の緊張によって起こるもの、何か異物が詰まって音の通り道が塞がっていることなどがあります。

耳が詰まったような感じというのは、耳が薄い一枚の皮のようなもので覆われているような、膜が張っているような、プールに入った時のような感じのことです。

音自体は聞こえるのですが、詰まっているような感じなので聞こえにくくなります。

日常生活で不便を感じることはあまり無いと思いますが、いつもと違う聞こえ方なのでやはり違和感は感じると思います。

 

スポンサーリンク

一番の原因は『耳垢』

一番頻繁に起こるのは、耳垢がたまたま奥の方で詰まってしまっていることです。

耳垢のカスが一部だけ奥に落ちればカサカサと耳の奥で鳴っているのがわかりますが大部分が奥に落ちると完全につまってしまうことがあります。

そんな時の感じ治し方は、耳を下に向けて軽くトントンと頭を叩いたり揺らすと詰まった耳垢が取れることがあります。

その他には、綿棒の先端部分や髪の毛などがなぜか耳の奥に入り込んで詰まることがあるようです。

耳の穴は小さいですし、あまり奥の方まで引っ掻き回すのも危ないので自分でなかなか異物であろうものが取れそうに無いのならすぐ耳鼻科を受診した方が良いです。

詰まりやすい箇所と改善方法

耳は外耳、中耳、内耳と三つの部位に分けられますが異物が詰まりやすいのが一番外側に位置する外耳で、外耳よりも内側に位置するのが中耳ですが、中耳が詰まるのは耳管の働きが鈍くなったり粘液が溜まることで起きます。

風邪を引いた時にもなるので、感じ治し方としてはあまり勢いよく鼻をかんだりすすったりせずに、鼻をつまみながら口を閉じて鼻をかむように鼻から息を出すようにします。

そうすることで耳から空気が抜けて、耳の通りが良くなることがあります。

外耳や中耳であれば、耳の詰まりが改善されるのは比較的簡単な気がします。病院に行かなくても治る場合もあると思います。

 

スポンサーリンク

恐いのは内耳が詰まること

一番厄介なのは、内耳が詰まってしまうことです。内耳がつまる原因としては、急に起こる難聴やめまいと耳鳴りも同時に伴うメニエール病の場合があるからです。

難聴の場合すぐに薬による治療を始めれば回復も早いですが、治療が遅くなると聴力が落ちたりそのまま戻らなくなることもあるので気をつける必要があります。

また、メニエール病は耳が聞こえにくくなるだけでなく自分や周りがぐるぐると回っている感じがしたり、足元がふらついて真っ直ぐ歩けなくなることもあります。

薬物療法が中心になるので、そういった症状があれば耳鼻科や脳神経外科などで詳しく診てもらう必要があります。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です