耳抜きのやりすぎの注意点について

Pocket
LINEで送る

水中から見える太陽

耳抜きという言葉を聞くことがありますが、これはダイビングを行っているときや飛行機に乗っているときなどに、圧力によって鼓膜が内側に圧迫されたときに感じる違和感のことを言います。

耳抜きをすることによって痛みを取り除くことができます。

 

スポンサーリンク

耳抜きの方法

方法はいくつか考えられますが、とくに水の中に潜るという場合には、地上と比べて水の中では圧力の変化がとても早くなっているので、しっかりと確実な方法で行うことが必要になります。

抜けやすい方法はいくつかありますが、自分にあった方法を探すことが一番です。その中で鼻をつまんで鼻をかむように息を鼻から出すという方法があります。

これは一番良く行われている方法となります。しかし中耳腔に急激な圧力がかかってしまうので、あまりやりすぎないように注意が必要です。

優しくゆっくりと行うことが大切です。このほかに鼻をつまんで唾液を飲み込むという方法があります。

これは唾液を飲み込むことで耳管を開放することができます。その結果中耳腔に空気を送り込むことができます。

時間に負担をかけないというメリットがあります。同じように鼻を使った方法としては、鼻をつまんで顎を左右に動かしたり、鼻をつまんであくびをするような動作をするという方法もあります。

 

スポンサーリンク

なぜあくびをすると違和感が解消するか

なぜあくびのような動作をすることで耳抜きができるのかというと、あくびをすることで耳管が開放され、鼻腔内の空気が中耳腔に送られることによって症状が改善されます。

空気を無理に送り込まない方法となっているので、耳管に負担をかけることがなく安全です。

鼻以外を使った方法もあります。首を回したり左右に動かしながら顎を前に出すという方法や、声を出すというような方法も効果があります。

また呼吸を整えるというのも一定の効果が期待できます。しかし耳抜きをやりすぎると問題が発生するので注意が必要です。

強引に耳抜きをしてはいけない理由

強引に行うことで鼓膜を傷つけるおそれがあります。また内耳にダメージを与える可能性もあります。水の中に潜っていて浮上をするときに空気が抜けないというような状態になってしまうこともあります。

したがって強引に耳抜きをするという人がいますが、どうしても症状が改善されないという場合には水の中に潜るという行為を控えるようにします。

また行うタイミングも大切です。耳が痛くなっている状態では鼓膜に圧力が強くかかっていることになります。

この状態では抜けにくくなっているので、圧迫感を感じ始めたら耳抜きを行う必要があります。個人差がありますが、1から2呼吸ごとに耳抜きを実践するようにします。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です