耳鳴りの発生原因と耳の部位の関係と名称について

Pocket
LINEで送る

女性の耳

耳鳴りを感じるという人がいますが、そこにはさまざまな原因が考えられています。しかしなぜ耳鳴りが発生するのかと言うことは、はっきりと解明されていないというのが現状です。

しかし症状を訴える人の中には、何か聴力障害を持っているという人が多くなっています。

実際に検査をしたところで異常が発生している部位を確認することができずに、とくに異常がないと判断されることも多くなっています。

 

スポンサーリンク

その中で聴覚系の何らかの異常が、外耳や中耳や内耳、このほかには聴神経や中枢神経というような部位であっても異常が発生します。

これらの部位の名称はよく聞くことがありますが、耳鳴りとも大きく関係しています。このほかに過労やストレスなどの心因的要因によっても異常が発生することがあります。

心的要因の程度の差によっても症状が強くなったり弱くなったりと言うことがあります。実際にどのような症状を感じるのかというと、周りでとくに音が発生していないのに、音がしているように感じます。

キーンというような音やジーンというような音を感じることが多くなっています。これは個人によって差があります。

 

スポンサーリンク

このような異常を感じたときには病院で検査を受ける必要があります。

病院では一般的な聴力検査が行われたり、X線検査などが行われています。このほかには聴覚心理学を使った客観的な検査も行われるようになっています。

これは心因的な要因を探るための方法となっています。これらの検査を行うことで、原因になっている病気やその性質を明らかにすることができます。

原因となっている病気や異常が発生している部分の名称がわかったときには治療を行っていきます。ここでは原因療法や薬物療法やTRT療法が行われています。

原因療法とはどのようなものかというと、原因がはっきりとわかっているときに行われるようになっています。

薬物療法では、西洋薬や漢方薬を組み合わせながら治療が進められてきます。漢方薬に関しては、患者さんの体質に合わせた物が選ばれています。

そしてTRT療法ですが、これは補聴器のような機械を使って雑音を一定時間聞くことで、耳鳴りが気にならないように患者さんを導くというような方法となっています。

治療に関しては専門のスタッフが対応をするようになっています。また民間療法もあります。はっきりとした原因がわかっていないと言うことでたくさんの民間療法が実践されていますが、その中で骨格のゆがみを治すための整体やリフレクソロジーなどが行われています。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です