耳が痒いときのジンクスについて

Pocket
LINEで送る

これがジンクス?

毎日の生活の中で耳が痒いと感じることがあります。その中で古くからの生活の知恵のような言い伝えがジンクスとして伝えられていることがあります。

耳の痒みに関しても同じことが言えます。普段何気なく生活をしている中で耳が痒いと感じることがありますが、基本的にはとくに問題がない症状となっています。

人間の一つの生理現象として考えられています。

しかし中には耳の病気が潜んでいる可能性もあるので、あまりにも症状が続く場合には病院を受診するようにします。

 

スポンサーリンク

耳の痒みが原因の病気

耳が痒い場合には外耳道湿疹や中耳炎の可能性があります。耳が痛いという場合には全身疾患の可能性があります。

症状が悪化する前に耳鼻科などの病院で診察をすることが大切です。このほかにストレスが原因となっていることもあります。

肌のアレルギーや耳垢などはっきりとした症状があり、これらが解消されれば痒みが治まることもありますが、痒みがまったく解消されないという場合にはストレスが大きく関係しています。

またアレルギー症状の可能性も考えられます。これらの症状の治療方法としては、基本的に軟膏を使うことが多くなっています。

症状によって使われる種類が異なっていますが、ステロイドが入ったものが多くなっています。

しかしあまり気にならない程度の痒みであれば、いいことが起こるかも知れないというジンクスとして広く言い伝えられています。

 

スポンサーリンク

耳が痒みとそのジンクスについて

耳が痒くなると言うことは、その先にうれしいことや良い知らせが入ってくるというジンクスと考えられています。

具体的に右耳が痒いと言うときには、良い噂をされていると考えられています。しかし左耳が痒いと言うときには、悪い噂をされていると考えられています。

また最近では左耳が痒いと言うときには、誰かに好意を持たれているというジンクスもあるようです。

朝に右耳が痒く夜に左耳が痒いと言うときには、良いことがないという言い伝えもあります。

しかしこれは逆に考えられているところもあるようで、朝に右側が痒いとその日の午後に、また夜に左側が痒いと次の日によいことがあるというジンクスもあります。

お金が入ってくると言うような説もあります。

まとめ

このように左右に感じる症状の違いだけでもたくさんの説があります。多くの場合症状を感じることでうれしい知らせが舞い込んでくる予兆であることがわかります。

考え方の一つの例となっていますが、これらの体に感じる異変は、心からのメッセージであることが言えます。したがって気持ちを前向きにすることができます。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です