耳が詰まった感じで頭痛を伴う原因は何?

Pocket
LINEで送る

耳の違和感が原因で頭痛を起こす女性

耳は、聴覚のある箇所として、生活の中で、様々に役立っています。

空気の振動が伝わる事で、聞き分けるという作業についても、自然に行う事ができています。 耳が詰まった感じになって、頭痛を伴う場合などもあります。

 

スポンサーリンク

頭痛の原因

この場合には、原因として、耳に関する複数の病気・症状の一部を発生している可能性があります。その際、耳鼻科の病院を利用する事も一般的な処置方法です。

病院では、外耳と呼ばれる耳の穴手前部分、少し入った中耳部分の異常を診てもらえます。この辺りに異常が見られない場合には、更に奥の内耳部分の異常を探る事になっていきます。

例えば、プールや海に入る場面で、水が溜まってしまっているケースもあります。この場合には、自分でも、何かの行動をした後に発生していますので、耳が詰まった感じになるきっかけがわかります。

他にも、耳抜きなどが必要なマリンスポーツなどもあります。耳抜きが上手くできない場合には、暫くの間、耳が詰まった感じで、頭痛を伴う事もあります。 

いずれの場合にも、症状が長引く事は、耳の病気を発生させたり、進行させる可能性があります。早めに耳鼻科などの病院を受診して、医師による処置を施してもらう事が大切です。 <

 

スポンサーリンク

実際に何かが詰まっている場合

耳が詰まった感じを発生する場合に、実際に何かが耳の奥の方に詰まっている事が原因になっているケースもあります。

耳垢が奥の方に後退してしまう耳垢栓塞や、水滴や綿棒、髪の毛などが詰まった外耳道異物などがあります。

この場合には、病院で医師の視覚判断が可能な場合も多くあります。長いピンセットの様な道具で排除できれば、その場で対処できる場合もあります。

唯一、耳垢がある程度の期間で経過していると、柔らかくする作業が必要になる場合があります。

柔らかくする液体を家で注してから、再び来院し、取り除くなどの作業が必要になる事もあります。 

自分でできる事としては、耳への動作は、奥の方まで無理をする必要がないので、無理をして奥にものを入れない様にする事です。 

耳が詰まった感じがして、頭痛を伴う病気には、滲出性中耳炎があります。この場合には、医師による判断で、鼓膜を切開して、チューブで中に溜まった液を取り出すなどが行われます。

場合によっては、鼻の方への治療が必要になるケースもあります。小さいこどもの場合には、滲出性中耳炎になると、聞こえが悪く、泣くなどの回数が増える事などもあります。

できるだけ早めに病院を受診して、適切な処置をしてもらう事が重要です。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です