耳閉塞感は場所によって治し方が異なる?

Pocket
LINEで送る

耳の閉塞感を感じる女性

耳の障害の中に耳閉塞感と呼ばれるものがあります。

これは簡単に言うと言葉の通り、耳が詰まった感じのことを指す上にとてもよくある症状とも言えます。

原因は外耳にある場合や中耳にある場合、さらに内耳にある場合に分けられています。耳の症状が長く続いてしまうことで難聴や耳垢栓塞などの深刻な症状をもたらす場合があるためご注意ください。

気になる方は症状が悪化する前に耳鼻科を受診するようにしましょう。耳閉塞感の症状とは、簡単に説明すると耳が突然閉じてしまったように音が聞こえない感じになることです。

具体的な例として、飛行機に乗っている時に起こる耳がおかしくなってしまったような感覚です。

この他にも音や声が聞こえにくくなったり耳鳴りが発生する場合があるため、症状が1つだけとは限らないのです。

ちなみに飛行機の例での治し方は、耳抜きと呼ばれる耳に空気を送り込む方法を行うことで症状はほぼ回復します。

しかし耳閉塞感の場合では、場所によって原因が異なるために対処の仕方もそれによって異なる特徴があります。

参考までにですが、耳の中に出来物ができた例や、子供が耳の中に異物を入れた例が存在します。これらも耳閉塞感の原因になりますが、決して慌てずに耳鼻科へ行って医師に相談や受診して正しい処置を行うようにしてください。

 

スポンサーリンク

耳閉塞感の原因

ここでは耳閉塞感の原因を場所ごとに説明します。

外耳

最初に外耳の場合はシャワーやプールで耳に水が入ったことによって水が鼓膜に付いてしまい鼓膜の振動を阻害している場合や、耳垢に水分が含まれて耳栓のようになってしまった場合があります。

他に耳掃除などで耳をかき過ぎたことによって耳の穴周囲を傷つけたことや、綿棒の先端の綿が耳の中に残ってしまったことが原因になることもあります。

中耳

次に中耳の場合は耳管の働きが悪くなることが原因とされています。

内耳

他に耳の病気が原因で耳閉塞感になる例が存在します。最後に内耳の場合は、低音障害型感音難聴と呼ばれる周波数の低い部分の音が聞こえ難くなると言う病気が原因の場合があります。

ちなみに、この難聴の病気は疲労やストレスが原因であるとも言われています。

耳閉塞感の予防と治し方

耳閉塞感を予防する方法や治し方として、簡単なものでは普段から耳を掃除して耳垢を取って綺麗にしておくことがあります。

ただし耳掃除をやり過ぎてしまうと耳垢を奥に押し込んでしまい反対に耳を傷つける恐れがあります。耳掃除は頻繁に行う必要はなく、月に2回か3回が目安です。

また綿棒を使用する場合は耳の中に綿を残してしまう場合があるため、こちらもご注意ください。他に疲労を感じたら無理をせず休み、ストレスを溜めないように解消させることでも予防や治療になります。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です