耳垢が甘い匂いを発生させる原因について

Pocket
LINEで送る

耳垢の甘い匂いに驚く女性

耳掃除が気持ちがいいということで、毎日行っている人も多いかと思います。

ところが耳掃除は毎日行うのはやり過ぎで、本当は1カ月から3カ月に1度が適切な耳掃除の回数だと言われています。

耳掃除を過剰に行うと外耳炎のほか、さらに悪化すると中耳炎になる恐れがあります。耳掃除で耳の中が傷つくことで炎症を起こし、それが耳垢となって臭いを発することがあります。

湿った耳垢の場合は特に臭いがしますが、外耳炎や中耳炎の場合は膿やばい菌などによる臭いで、独特の不快な臭いがします。

ところがまれに甘い匂いがする場合もあります。このような場合は、

 

スポンサーリンク

耳垢が甘い匂いを発する理由

いったいどのようなことが原因なのでしょうか。例えばメープルシロップ尿症かアルカプトン尿症を発症した場合は、まるで耳垢が桃の缶詰のような甘い匂いがする場合があります。

ちなみにメープルシロップ尿症とはバリン・イソロイシン・ロイシンのアミノ酸の代謝の異常が原因で起こる疾患で、低血糖などの症状が現われます。

またアルカプトン尿症とは全身の軟骨や線維細胞に黒い色素が沈着する疾患で、大人の場合は関節炎などの症状が現れる病気です。

いずれの場合も身体にも異常が現われますので、放置せずにすぐに医療機関に診察してもらう必要があります。

疲れのサイン?

ところでメープルシロップ尿症やアルカプトン尿症のような深刻な病気のほかに、心身が疲れている場合もこのような甘い匂いがする場合もあります。

そのような場合も医療機関で尿検査や血液検査を受けて、身体にどこも悪いところがないか見てもらうことが望ましいでしょう。

耳垢の臭いは結構身体の不調や異変を知らせるサインにもなります。

 

スポンサーリンク

きつい体臭や糖尿病の可能性

湿っている場合は臭いもきついので、特にわかりやすいようです。耳の中にはアポクリン腺という、汗に関係する汗腺が存在しています。

つまり耳垢が湿っていて臭いがすると、体臭も強くなっている可能性があります。

また甘酸っぱい匂いの場合は、糖尿病になっている可能性がありますので、そのような場合も放置せずに検査を受けた方が良いでしょう。

健康な人でもあり得る

ところで耳垢の甘い匂いの原因には体調不良や疾患のほか、健康な人の場合はフェロモンの発生が関係しているということがわかっています。

よく耳の後ろに香水をつけるのは、おしゃれのほかに耳元から発するフェロモンが関係しているようです。

ちなみに耳垢は多少は湿っているものですが、あまり湿っていると耳の炎症やばい菌の繁殖を助長する原因になります。

臭いのあるないに関わらず、耳の中はなるべく傷つけないようにすることが大切です。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です