耳鳴りが気になる時はナリピタンという薬で抑えるのがお勧めです

Pocket
LINEで送る

耳鳴りがして仕方がない時、あなたはどのようにしていますか?

ストレス解消をしたり、あるいは軽いスポーツをしたりするだけで解消してしまうこともありますし、何か病気が原因であることも考えられますので、耳鼻咽喉科に行くという方法もあります。

しかし耳鳴りがするだけで病院に行くのもためらわれる、あるいは、忙しくて病院に行けないという場合は、薬を使って抑えることもできます。

 

スポンサーリンク

ナリピタン』というのがその薬で、特に耳がキーンと鳴るような場合には、かなりの効果があります。

このナリピタンは、大部分の市販薬が含まれている第二類医薬品に分類されています。ですから特に危険というわけでもないのですが、やはりむやみに常用するのはよくありません。

また場合によっては発疹や胸焼け、眠気、便秘といった副作用が起きることもあります。この副作用がしばしば重篤な健康被害に発展することもありますので、心配な場合はやはり事前に医師に相談することをお勧めします。

しかし耳鳴りを抑えてくれ、しかも薬局で手に入るという意味では、かなり貴重な存在でもあります。

ですから、服用日数や分量に注意して使うのであれば、不快な耳鳴りを鎮めてくれるので、とてもありがたいものです。

 

スポンサーリンク

このナリピタンの成分は、ニコチン酸アミドとパパベリン塩酸塩です。このうちニコチン酸アミドは血行を良くしますし、パパベリン塩酸塩は内耳の血流の改善効果があります。

またビタミンも配合されていますが、これは耳鳴りの改善にとてもいいとされています。またこのナリピタンにはもうひとつのメリットがあります。

それは、ニコチン酸アミドが血行を良くするため、肩こりにもとても効果があるということです。

またナリピタン以外にも、耳鳴りを抑える薬は他にもあります。その一例として、精神安定剤があげられます。

精神安定剤は、直接耳に作用するということはありませんが、不安を和らげてくれて、その結果耳鳴りを抑えてくれるという点では効果があるといえます。

精神安定剤は市販のものもありますが、できれば医師に処方箋を書いてもらって購入するのがお勧めです。

それからナリピタンにしろ精神安定剤にしろ、服用しても効かない場合は、病気である可能性が高くなります。

耳の病気のこともありますし、脳梗塞などの脳疾患につながることもありますので、薬で治らない場合は、速やかに医師の診察や検査を受けるようにしましょう。

特に、めまいやふらつきといった症状がある場合には要注意です。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です